パナソニック代理店 中央電工株式会社 特機営業所   
トップ|製品情報|BT5250エミュレータ製品情報トップ|BT5250エミュレータ動作環境 BT-910/95x

BT5250エミュレータ動作環境(BT-910/95x対応版)


  • IBM i(AS/400)
    OS/400 3.6以降
    (TCP/IPにてTelnet5250接続ができること)
    IBM社Personal Communicationsにて接続タイプが
    「TCP/IP接続のTelnet5250」にて動作する環境が目安となります。

    OS/400 V6.1ならびにV7.1でも動作確認済
    ※ホストコードページは930:日本語英数カナ 930EX:日本語英数カナ拡張 939:日本語英数小文字拡張のみの対応

  • ハンディターミナル
    キーエンス製 BT-950W V2.200以降
    キーエンス製 BT-951W V2.200以降
    キーエンス製 BT-910 V2.200以降

  • 無線LANアクセスポイント
    株式会社キーエンスより公表されています推奨アクセスポイントを
    ご使用ください。
    2006/07/01 現在、以下の機種が推奨されています。
    株式会社キーエンス BT-AP1
    株式会社コンテック FX-DS540-APD2 ファームウェア Ver4.22以上
    株式会社コンテック FX-DS540-APD (af) ファームウェア Ver4.12以上
    シスコシステムズ合同会社 AIR-AP1231G-J-K9 ファームウェア Ver12.3(4)以上
    アンテナ別売り
    (2本必要)

  • ラベルプリンタ
    赤外線通信、もしくは無線LAN接続を使用してラベルプリンタより
    出力することができます。プリンタセッションを使用せず独自の
    方法にて印刷を行います。
    以下のプリンタおよび接続方法が使用できます。

    株式会社サトー PT200e 赤外線通信
    無線LAN接続(※)
    東芝テック株式会社 B-SP2D-GH40 赤外線通信
    無線LAN接続
    東芝テック株式会社 B-SP2D-GH30 赤外線通信
    東芝テック株式会社 B-SP2D-GH20 赤外線通信
    東芝テック株式会社 B-SP2D-GH10 赤外線通信
    ※モデルにより無線LAN接続できないものもあります。

  • メンテナンスPC
    ハンディターミナルへソフトウェアや設置ファイルの導入時に必要になります。
    キーエンス社無線システム管理ソフト、テータ転送ソフトを動作させるのに
    以下の環境が必要になります。

  • OS Windows2000Professional(SP2以降)
    WindowsXP Home Edition(SP1以降)
    WindowsXP Professional(SP1以降)
    Windows2000Server(SP2以降)
    Windows2003Server
    Internet Explorer Internet Explorer 5.5以上
    CPU PentiumV 600GHz以上
    メモリ 128MB以上
    ハードディスク 空き容量 100MB以上
    CD-ROMドライブ インストール時に必要
    LANポート BT-950W/910で無線LAN通信をおこなう場合、または
    LAN通信ユニットBT-UC9Lを使用する場合に必要
    USBポート USB通信ユニット BT-UC9Uを使用する場合に必要
    RS-232Cポート RS-232C通信ユニットBT-UC9Rを使用する場合、
    またはBT-950W/910のRS-232Cポートと
    開発用ケーブルで接続する場合に必要







中央電工株式会社 特機営業所
577-0037 東大阪市御厨西ノ町1−3−15
Copyright(C) 2008 ChuoDenko co.,Ltd All Rights Reserved.